◆日時 2019年5月19日(日)12:00~15:00

◆場所 フクラシア品川クリスタルスクエア

 

大阪府楠葉市内にある「御食事ゆにわ」店長でもある料理人のちこさんと、鈴木実歩で【ちこ×みほコラボ講演『令和時代の働き方・暮らし方』を開催いたしました。

 

 

ちこさんは、大学卒業後「御食事ゆにわ」という自然食を超えた、まごころ料理のお店で店長をされています。

「食べ方を変えると生き方が変わる」というメッセージを発信し、日本各地でセミナーや講演活動を行いながら、「食と生き方」をテーマにした著書も多数発表。近年は「美味しいごはん」という映画も作られました。

 

そんなふたりがこれから展開していく大きなプロジェクトに先駆けたオープニングとして講演会を開催し、国内各地さらに海外から、100名以上もの皆さまにご参加いただきました。

 

 

講演の中では、「人と和すること」「働くこと」「食べること」という、3つのテーマに沿って、抽象度を上げた概念の話から、日常を変えるために今日から取り入れられる具体的なことを、お伝えしました。

 

最初は草の根運動的だったとしても長期的なストーリーを描き続け、たくさんのちからでムーブメントになるよう働きかけをしていこうと、かなり熱く燃えているこのプロジェクト。

 

会場の一体感がとっても良く、ワークをシェアする時間も大盛り上がりでした。

 

今回の講演が、皆さまの日常に変化を起こすきっかけになればとても嬉しく思っています。

講演参加者さまのご感想

こういう人たちと一緒にいたいな、と思いました。

ちこさんとみほさんが終始楽しそうに話されていた事が、印象的でした。

柔らかさや、和やかさのなかに、ずっと温かみを感じて聞いていました。こういう人たちと一緒にいたいなぁ、というのと同時に、自分もこんな感じでありたいなぁと思いました。

ご飯を作る時に儀式化すること。ご飯を食べる時に、集中して食べること。まずは、そこから取り入れようと思います。

今日はすごいあたたかさを感じる事ができ、内容としても学びの多い楽しい会でした。ありがとうございました(^^)

松井友規さん(20代、自営業、東京都在住)

 

初めてお会いする感じがしなかったです!

ちこさんとみほさんの明るくて軽快なエネルギーが印象的でした。(お会いするのは初めてでしたが、音声を聞いていたからか、初めてお会いする感じがしなかったです!)

お隣の方とのシェアタイム、いつもならあまり得意ではないのですが、すでにみほさんやちこさんを知っているという共通点もあり、とてもあたたかく盛り上がることができたのも、印象的でした。

講演を聞いて、子供の話をちゃんと聞こう。具体的には、自分の手を止めて、顔を子供の方に向けて、話を聞こうと思いました。

ちこさんも、みほさんも、お話しや、問いに対する回答がシンプルでクリアで、まっすぐ自分の中に入ってきました。

これまで濃い時間を生きてきたお二人だからこその、実感のこもったお言葉の数々が、とても学びになりました。習慣化して、今日のセミナーのエネルギーにつながる時間を毎日つくりたいと思います!

せいこさん(30代、自営業、東京都在住)

 

会社をあたたかい場所にしたいです。

私は東京の中小企業に入社し、もう15年以上になります。今は経営に近いポジションで営業やマネジメントに関わっています。

入社してからの数年間は目標達成、数字がすべてという文化の中、ついていくことだけに必死でしたが、5年位前から経営層が「会社を大きくすることよりも、社員の幸せ・社会の幸せ」の方向に舵を切り、働き方がシフトしてきました。

社会人人生の半分は、仕事とプライベートを完全に分離させていましたが、会社が安心できる自分の居場所だと思えるようになってからは、仕事も仕事以外も同じ自分として生きることができるようになりました。

ですので、みほさんの話もちこさんの話も、共感できることがとても多かったです。

今日はお二人のお話を聞きながら、これからの自分の在り方を探求する気持ちで参加させていただきました。

今の率直な気持ちとしては、会社を「あたたかい場所にしたい」という思いです。

私が属しているコミュニティの一つは会社組織で、ありがたいことに、その仲間とは「向かっていく先が一緒だ」と感じることができます。

そのコミュニティが集まる場所であるオフィス拠点を温かい場所にして、たくさんの出会いや融合が生まれる場所にしたいと思いました。

そのために、自分自信がエネルギーを貯められるように「誰かのための」食事をいただくこと、相手に伝えることを怠らないこと、を今日から取り組んでいきます。

ともこさん(30代、会社員、東京都在住)

 

明日から、お客さんにもっと親身に丁寧に接しようと思いました。

最近、人と心を尽くして向き合った事があっただろうかと感じました。

仕事でもプライベートでも食事のときも、そういう気持ちを忘れているからこそ、それが相手にも伝わって、希薄な関係になっていたような気がします。

明日からでも、お客さんにもっと親身に丁寧に接しようと思いました。クレーム対応も多く、辛い気持ちでしている仕事でしたが、それが相手にも伝わっていたから余計関係が悪くなっていたのかもしれません。

お二人のエネルギーと笑顔いっぱいの講演会で、私は同じ年代なのに、なんでこんなに疲れているんだろう、自分に無理していたのかもと思い、自分を見直すきっかけになりました。

ふみさん(30代、公務員、神奈川県在住)

 

自分が輝ける場所へ移動することも大事だと思いました。

以前は自由を求めていろいろ手を出していたんですが、あるとき全部の願いが叶ったときのことを想像してみたら、最初はいいけど途中から自堕落な生活を送ることが想像できたので、仕事辞めずにがんばろうと思ってもがいていたら、いつの間にかだいぶ楽になっていました。

今回、ある程度稼いだ人達は途中でモチベーションを見失うという話を聞いて、やっぱりそうなんだと思うとともに、そこで無理にモチベーションを上げようとするんじゃなくて、より自分が輝ける方へ移動することも大事なんだなと思いました。

講演会中、ちこさんは光があふれているなと思いました。実歩さんは、ちこさんが話してるときに会場を見渡してすごいうれしそうにしていたのが印象的でした。

林壽人さん(40代、会社員、東京都在住)

 

bnr2x